2011年03月15日

支援物資の謎

さっき帰宅してTVをみたら、県庁所在地に大量の支援物資が積まれていた。
水やら毛布やら野菜など…

阪神大震災で、大量の支援物資はゴミとなり
処分が大変だったので
送るならお金を寄付したほうが良いと言われているのに
やっぱり物を送る人がいるように見えたのですが…

物って本当に意味があるのかなぁ?
やっぱりお金を寄付したほうがいいと思うのですが…


逆に、どうしても物を送りたいなら、
物資が不足していて、Userが求めている場所というと…

品切れのお店で、客が押し寄せている場所。
それって県庁よりお店の方が流通が早いと思う。

そのお店に対して輸送経路と輸送費も自己負担で確保をして
品質などを担保して相手先への同意を得た上で
確実に届けるが、コストも考慮し、
無駄は省いた方法での輸送を考えてみると…

けど
そこまでは大変だけど、
それでも何らかの善意をしたいなら、
送るものを、
送らずにその場で売って
そのお金を寄付してみればどうだろう?

無駄な輸送コストや、無駄なガソリンの消費を省き、
あまっても処分に困らないお金って、とってもいいと思うのですが…
posted by けんけん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190794398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。